結婚指輪とは

結婚指輪は9世紀ごろから始まったとされています。古代ローマ時代の教皇が約束事を誓約する証である鉄の輪を結婚の証として使い始めたのが最初とされています。日本で指輪の交換が始まったのは1960年ごろと結婚指輪の歴史の長さからすればごく最近の事です。これは指輪の交換がキリスト教式の宗教的な儀式であるといわれています。現在では宗教的な意味を超えて浸透しているため、神社で行う神前結婚式でも新郎が新婦の左手の薬指に指輪をはめるという行事が一般的に行われるようになりました。 輪が永遠に途切れることのない愛情を示し、常に見につけることで相手の存在を強く感じることができるという意味があります。それと同時に「私は結婚しています」と自分にパートナーが存在することを周囲に知らせるための印でもあります。 また、左手の薬指にはめるのも理由があります。古来心臓は人間の感情をつかさどる場所だと信じられており、左手の薬指には心臓につながる血管があると信じられてきました。そのため、左手の薬指に指輪をはめることで相手の心をつかみ、結婚の誓いをより強いものにするという意味があります。 お互いの愛情と絆を深め、結婚の近いをより強くするという意味があることからも、結婚指輪は毎日見につけるのが基本です。そのため婚約指輪に比べて生活の邪魔にならないシンプルなデザインが好まれていますが、リングの内側にお互いの誕生石をいれる、メッセージを入れる、結婚した日を刻印するなど見えない部分で二人だけの工夫をするカップルも多いです。

お役立ちリンク

 

結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚をする際に用意をする指輪には「結婚指輪」と「婚約指輪」の2つの種類があります。男性の中には2つの違いがイマイチわからない人も多いようですが、女性にとってこの2つの指輪はとても重要な意味を持っています。 まず、プロポーズの際に差し出す指輪は婚約指輪です。この時点で間違えている男性もいて、プロポーズに結婚指輪を渡して、そのまま婚約指輪を渡さないケースもあるようですが、これではプロポーズをされた喜びが半減をしてしまいます。 2つの指輪の大きな違いはその後の使い方にあります。婚約指輪は、結婚の約束として男性から女性へ贈られる指輪で、一般的にはダイヤモンドなどの純白を表す高価な宝石があしらわれています。相場は一ヶ月分のお給料よりやや高めの30~40万円くらいで、華やかなデザインのものが多いため、普段使いするのではなく結婚式やパーティーなどの華やかな場で使用をします。 一方結婚指輪は、結婚の証として贈られる指輪のことで、男女ペアの指輪を選ぶのが一般的です。相場は20~30万程度と婚約指輪よりもやや安めで、日常的に薬指にはめて生活をするため、宝石の入っていないシンプルなデザインが好まれます。 婚約指輪をつけるのは結婚をするまでのほんのわずかな期間ですし、結婚をしてからはほとんどつけることがないため、贈る必要はないと考える男性もいるようですが、どちらの指輪も2人の愛を表す重要なアイテムだということに変わりはないのです。